自分に必要なものを見極める:連載 - 3/5

こんにちは、中村亜紀子です。

 

年末ですので、断捨離をテーマに記事を書いています。ワードローブを使えるものだけにして、来年こそは思いっきりファッションを楽しみたい!という方へ♡

 

3回目の今日は『自分に必要なものを見極める』です。

 

⇒ すべての記事は こちらから ご覧いただけます。


自分で良いと思って買った服やアクセサリーを処分するほど、難しいものはありません。しかし次の手順で毎日少しずつ行えばとっても簡単 & 失敗なく & 効率良く断捨離ができます。

 

手順ー1:捨てるものの考え方

 

異なるベースカラーの洋服とアクセサリーを処分。それでもまだ多い場合はシーズンカラーのみを残す。処分量の目安は、最終的にクローゼットの7〜8割の量を目指します。まだ多い場合は骨格スタイルに合わないものを処分します。

 

※ベースカラー・シーズンカラーはパーソナルカラー診断でわかります。骨格スタイルは、ファッションスタイル診断でわかります。診断にお金をかけたくない方は、セルフ診断や本などを見て研究してくださいね。

 

手順ー2:残すものの考え方

 

諦めきれないものは箱に入れて保管。

数が少ない場合は、トップスとボトムに分けて保管する。数が多い場合は細分化する。例えばトップス【セーター・カットソー・シャツ & ブラウス】、ボトムは【パンツ・スカート】などにわける。ちゃんと箱に内容品のラベルをつけておいてくださいね。何か買いたくなったら、まずこの箱の中身を見てください。そこになければ初めて購入することを検討してくださいね。この箱は長くても2年くらいでケリをつけましょう。2年たっても使わなければ、【欲しい人に譲る・フリマ・リサイクルショップ・寄付】などで処分しましょう。

 

 

次回は【ワードローブの基本】をテーマにお話しします。

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございました。

 


★ 断捨離(連載)の記事 

 

①こんなにたくさんの服があるのに『コレ ?』

 

②ワードローブの適量を見極める

 

③自分に必要なものを見極める (※このページです)

 

ワードローブの基本

 

⑤実践!コーディネート術

 

⇒すべての記事は こちらから ご覧いただけます。